【2人目不妊】妊活9つのやったこと>>

2回の検査を経て「妊娠糖尿病」と診断!入院免除も食事指導を受けたけどツライ

2人目妊娠

妊娠26週(7か月)で「妊娠糖尿病」と診断されました~(涙)

第一子の際は何も指摘されることがなかっただけに、大変驚いております。

妊娠糖尿病は本来入院し食事管理が行われるのですが、私の場合は意外にも「入院免除」!

さらに食事指導を受けるも、想像以上に普通の内容で驚きました。

これで本当に大丈夫なのか!?

妊娠糖尿病と診断されて2週間が経とうとしていますが、日ごろの過ごし方も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病って?

「妊娠糖尿病」と聞いてもいまいち良く分からない…という方も多いのではないでしょうか?

私自身全く自覚症状がなく、検査をしてみないと分からないものでした。

妊娠中のホルモンの変化により、すい臓から分泌されるインスリンの量が増えず、食後の血糖値を正常な数値に戻すことが出来ない症状をいいます。

親族に糖尿病の人もいないし、関係ないでしょ~

と思っていましたが、ホルモンの影響が環境しているので、どの妊婦さんがなってもおかしくないとのこと

妊娠糖尿病になると、赤ちゃんへの影響がある為、医師の管理のもと血糖値をコントロールしていく必要があります。

入院する場合や、自宅で自己採血を行う場合も。針は苦手ですが「赤ちゃんの為なら!」と思い、私も日々血糖値管理に努めています。

妊娠糖尿病|公益社団法人 日本産科婦人科学会

検査は2回!どんな感じ?

妊娠糖尿病と診断されるまでに2度の検査を受けました。

検査内容を詳しくご紹介します。

①「50gブドウ糖負荷試験」

【受けた時期】:24週(7か月)

【内容】:前日夜9時以降の食事を控え、朝8時~9時の間に来院。50gのブドウ糖サイダーを飲み始めてから1時間後に採血。検査結果は、採血から約1時間後に出ました。

【私の血糖値】:131.6

130以上で再検査!

まさかの、1.6オーバーで再検査となったのです…。

②「75gブドウ糖負荷試験」

【受けた時期】:26週(7か月)

【内容】:前日夜9時以降の食事を控え、朝8時~9時に来院。空腹時に採血後、75gのブドウ糖をサイダーを飲み始めてから再度採血。その1時間後に再再度採血を行いました。採血は計3回。最後の採血から1時間後に検査結果が出ました。

【私の血糖値】:『空腹時』95.7
『1時間後』156.2
『2時間後』144.4

1時間後・2時間後の数値は良かったものの、空腹時の血糖値が92以上だったので「妊娠糖尿病」と診断されました。

3つの内、1つでも当てはまると診断されます。

入院が免除された理由

「妊娠糖尿病」の疑いがあった1回目の検査の後、2回目の検査について説明を受けた時に「妊娠糖尿病なら即入院です」と言われたのですが、何故か入院が免除されました。

私が入院を免除された理由は

  • 1人目妊娠時に異常がなく、巨大児で産まれていない
  • 1回目の検査が数値よりほんの少しだけしかはみ出ていない
  • 2回目の検査で引っかかったのは、空腹時のみ
  • 上の子が居て、身近に頼れる人が居ない

2人の先生の判断により、入院することなく済みました…が、その代わり内科への通院が決定!

(入院し食事療法で血糖値がコントロール出来れば、内科への受診はないそう)

総合病院に通っているので院内紹介状を書いてもらい、内科への通院がスタートしたのです…。

1日6回の採決指導

内科の先生からも「微妙な数値だね~」と検査結果を見て言われました(笑)

再度入院を勧められましたが、「数値もギリギリだしな~」という感じで内科の先生からも入院免除してもらえました。

その代わり「数週間血糖値を1日6回計測し、数値が良くなければインスリン注射へ移行する」と言われています。

毎食前1回、食後2時間後1回×3回 =1日6回採血

主に指先で採決するのですが、これが結構地味に痛くストレスに感じる事も…。

採血する機会はレンタルされ、消耗品だけ購入する必要があります。

妊婦健診は保険適応ではありませんが、妊娠糖尿病は保険適応。診察と採血キット(25日分)で約3000円ほど支払いました

食事指導は「野菜」と「食べる順番」のみ

病院に在中している管理栄養士さんから食事指導も受けました。

糖尿病患者さんと異なり妊娠糖尿病の場合は、「食べる量を減らしてはいけない」とのこと…。

その為、食べる順番を意識するように指導されました。野菜・海藻・きのこ類から食べるのがポイントだそうです。

さらには、良く噛んでゆっくり食べる。早食いなので、心当たりはあり(笑)

砂糖をたくさん使用したお菓子を食べることを控えるようにも言われました。

これくらいの食事ならなんとか出来そう!

と話を聞いた時は思ったのですが、実際にしてみると想像を超えるものがやってきました。

率直な感想は「ツライ」トライ&エラーで食事管理中

  • 食べる順番
  • 食べるスピード
  • お菓子を避ける

これくらいなら大丈夫でしょ!と思っていたのですが、始めて見ると「食べるの大好き」な私には結構つらいものがあります…。

野菜などの葉野菜を毎回用意する必要がありますし、ご飯を普通の量食べると血糖値が範囲内に収まらない。

炭水化物大好きで、1人のお昼ごはんは炭水化物メイン(うどん、納豆ご飯、パン)などで簡単に済ませていましたが、そうもいかず…。

お菓子大好きな主人は、目の前でもぐもぐ食べるし、友達とのランチも行けず!!!

以前ストレス爆発しスタバでフラペチーノを飲んでしまったのですが、その後の血糖値は上がることがなかったので驚きました。

日によってはいつもより炭水化物が多くても数値は収まってたり、いつもより気を付けて食べたのに数値が高かったり…。

その日のホルモンによって数値の変動の差が大きい感じがし、ストレスに…。

それでも赤ちゃんの事を考え、日々低糖質の食事を気を付けています。本を買ったり、インスタグラムで低糖質レシピを公開している方をフォローし参考にしています。

現在では、イオンやローソンで低糖質アイテムが充実しているのがありがたい!

さらに、無印良品からは低糖質おやつやカレーも出ています。多少お高めですがたまのご褒美に購入。

トップバリュでおいしく糖質管理生活 - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
トップバリュでおいしく糖質管理生活 イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。
糖質10g以下 | 無印良品

上手く息抜きしていく必要がありそうですね。

すべては赤ちゃんのために

正直「妊娠糖尿病」を甘く見ていました

赤ちゃんにも妊婦さんにも影響がある妊娠糖尿病。

出産後には血糖値が正常に戻ることがほとんどだそうですが、産後もしばらくは内科に通院する必要があるそうです。

一度妊娠糖尿病になってしまうと、産後も糖尿病になる可能性が高まるからだそう。

今後どうなるか分かりませんが、出産まで約2か月半。限られた期間なので、赤ちゃんの為に食事管理を頑張っていきたいと思います

低糖質生活をして一番驚いたことと言えば、妊娠8か月に入ったのですが体重増加が+4キロということ!体重が増えません!前回の妊娠では+8キロオーバーだったので今回も覚悟していたのですが、低糖質生活にしてから1キロ減ったほど。

先生からは何も指摘がないので、大丈夫という事なのか…。

後数か月の辛抱!と腹をくくり、市販の低糖質アイテムにも頼りながら頑張ってみたいと思います!

コメント