【2人目不妊】妊活9つのやったこと>>

引越しの訪問見積もりは、すべての荷物を恥ずかしがらず見せるべき2つの理由【転勤族の失敗談】

引っ越し

引越しが決まった際、引越し業者に訪問見積もりを頼む方も多いのではないでしょうか?

「家の中のすべての荷物を見てもらい、引越し代金の見積もりを貰う」重要な作業でもあります。荷物量だけでなく、荷物の搬入口やトラックの駐車位置なども確認していくようです。

しかし、業者とは言え家の中すべての荷物を見せるのは恥ずかしい。ましてや、片付いていない家に人を上げるのも嫌な方も居ると思います。私もそうでした。

転勤族の我が家は、8年間で5回引越しをしています。初めての引越しの際、家のすべての荷物を見せることに抵抗があり、ある程度しか業者の方に見せなかったことで大失敗しました。

引越しが少ない時期だったので、業者の方に対応して何とか無事に引っ越すことが出来ました。

部屋が汚くても!荷物が多くても!恥ずかしがらず、すべての荷物を引越し業者に見てもらいましょう!

スポンサーリンク

訪問見積もりには、意味がある!

中々乗り気になれない方も多いと思うのが、引越しの下見、訪問見積もり。

しかし、事前に引越し業者が家に来るのにはきちんと意味があるのです。

お見積もり依頼の後スタッフが依頼主様のお宅に訪問し、正式な作業内容や日程、金額を確認することです。確認事項は、荷物の規模、搬出口、トラックの進入経路が確保できるかなどです。その他にも、お客さまのご要望を加味したうえで総合的に判断し、正式なお見積もり金額を提出します。

引用元:下見 | 引越用語集 | 【引越しは日通】 – 日本通運

8年間で5回引越しを経験しましたが、すべての引越し業者の担当者が必ず下見に来ました。引越しにおいて、とても大切なことだそうです。クローゼットや押入れを他人に見せるのは抵抗があるかもしれませんが、引越しをスムーズに行えるように、必ずすべての荷物を見せるようにしてください。

家のドアの大きさも物件によって異なりますし、事前に持ってきてくれる段ボール量などもその際に決めてくれます。

早くから段ボールが欲しい方は、事前に引越し業者に伝えておくと、下見終了後にすぐ段ボールを置いて行ってくれる場合もありますよ!

「部屋が汚いのに慣れていますから」は本当?

・片付け苦手
・ワンオペ子育て中
・家を決めてから2週間で引越し

転勤族の我が家は、気持ちにも部屋にも余裕のない状態で引越しへ突入していきます。

元々片付けが苦手な事もあり、引越し業者には「部屋が汚くてすみません~」と事前に伝えますが、皆さん揃って「大丈夫です~」「慣れていますから~」「みなさんそうですよ~」という返答がほとんど。

担当者の優しい言葉に安心しきっている私ですが、引越し業者の方曰く、「部屋がきれいな方のほうが少ない」と言われました。

部屋が荒れていて躊躇している皆さん!私もそうですが、大多数もそうなので、自信もって見てもらいましょう!(笑)

【失敗談】荷物を収納に押し込むべからず

初めて訪問見積もりをお願いした時、物が多いことを恥ずかしく思ってしまい、引越し業者にすべての収納スペースを見せることを戸惑いました。

引越し業者の担当者の方も、私の様子を悟ったのでしょうか、最後の方は「この中はどれくらいですか?」と無理にクローゼットなどを開けるのを辞めました。

「わざわざ家まで来てもらって、荷物の量を全部見せないのは申し訳ない」とは思ったので、一応クローゼットは開けるものの、苦笑いしながら少し見せては閉めてしまいました。

結果、担当者の方は我が家のすべての荷物を把握することが出来ず、迷惑をかけてしまうこととなったのです。

引越し閑散期だったので、対応してもらえましたが、とても反省しています。

以後、どれだけ収納の中がぐちゃぐちゃでも、部屋が汚くても、荷物量の確認は恥ずかしがらずお願いしています。

訪問見積もりで荷物を見せず失敗した2つのコト

部屋や収納スペースが汚いと理由で、アバウトにしか荷物量を確認してもらわなかった結果、引越しは大変になりました。

引越し業者にも迷惑をかけてしまい、とても反省しています。

我が家の場合は、2つのトラブルが発生してしまいました。

①段ボールが足りない

訪問見積もりして数日後、引越し業者が荷物量に合わせた段ボールを持ってきてくれました。

家を決めてから引っ越しまでの期間は約2週間。主人は仕事で忙しい為、基本的にはすべて私(妻)1人で梱包します。

初めて業者を利用しての引越しだったので、いまいち勝手が分からず。毎日少しづつ梱包し、「後数日で引っ越し当日!」となった時に、段ボールが足りない!!!

引越し業者に段ボールの追加をお願いするも、すぐに持ってくることは難しく、引越し前日に。

段ボールが足りなかったことで、引越し作業がギリギリになってしまい、徹夜で梱包することになりました。

事前に担当者にきちんとした荷物量を見せていたら、段ボールの数も余裕を持ってお願い出来たと思います。

②トラックに荷物が乗らない

「段ボール足りない事件」と同じ引越しの際、引越し業者が用意してくれたトラックに荷物がすべて乗りませんでした。

訪問見積もりをしてくれた担当者も「収納の中に、そんなに入っていたんですか!」と当日驚くほど。

引っ越し作業が始まって、早い段階で業者の方が「トラックに乗らない」と判断。

引越し閑散期だったこともあり、大きいトラックに空きがあるということで、すぐに対応してもらえました。ありがたいことに、引越しのお値段も変わらず。

トラックの入れ替えがあり、予定よりも作業は数時間オーバーしてしまい、本当にご迷惑をお掛けしました。

すべての荷物を見てもらう方が結果スムーズ

部屋が汚くても!収納スペースがぐちゃぐちゃでも!絶対に、引越し業者の方にすべての荷物を見せてください!

恥ずかしかったり、複雑な気持ちになるかと思いますが、当日引越しをスムーズに行うことを考えると、見せるに越したことはありません!

8年間で5回引越しを経験しても、整理整頓されていない部屋を他人に見せるのは毎回躊躇します。しかし、もうその土地からは離れるので、業者の担当者とも二度と会うことはないはず!?

恥を捨て、面倒な引っ越しをスムーズに終わらせることを優先してくださいね!

引越し業者には正直にすべての荷物を見てもらいましょう!!!

コメント