【2人目不妊】妊活9つのやったこと>>

妊活リセット早過ぎて、予定していた検査が出来ない誤算発生(涙)

【再開】不妊治療

不妊治療を再開して、様々な検査を受けています。

初診では4つの検査をしました▽

子宮がん、子宮頸がん検査

超音波検査
子宮の形の異常を確認

クラミジア検査
今後、卵管疎通適正検査を受けることが出来るか判断するため

血液検査
排卵障害の原因の1つ、高プロラクチン血症の検査

すべて異常なし!次の検査に!

しかし今回、次の検査を行う事が出来ませんでした。

▽合わせて読みたい

子宮がん、ホルモン検査結果は異常なし!私が妊娠しない理由ってなに!?
不妊治療再開を決意し、婦人科で受けた検査結果が出ました! 先生からは「子宮頸がんの可能性があるね~」と言われていたので、結果を聞くまで毎日ドキドキ。 結果は異状なし!! となると、一...
スポンサーリンク

リセットが早すぎた!

予定していたのは、高温期のホルモン検査(血液検査)

高温期の時に、きちんと黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されているか確認する検査。

先生と次の生理予定日を確認し、予約を取りました。

気合を入れ病院へ行くも、まさかの3日も前倒してリセット~( ;∀;)

先生に「朝ちょっと出血があって…」と伝えました。

先生からは「基礎体温も下がってきているし、今日は検査は中止しましょう」と言われました。

ううう…私の黄体ホルモン~!!!!!
正常なのか~( ;∀;)

次は新しい検査「卵管疎通性検査」

黄体ホルモンの検査は次回の周期へ持ち越し。

次は、卵管疎通性検査を行うこととなりました。

一般的に方法は3つあるようです。

①超音波造影検査

②X線子宮卵管造影検査

③卵管通水検査

私が行うのは③の卵管通水検査です。

卵管通水検査ってなに?

卵管通水検査とは、子宮口から色のついた生理食塩水を入れ、卵管が通っているかを検尿を利用して判断する検査です。

子宮口から入った生理食塩水は、子宮→卵管→卵巣を通って体に吸収されるそう。

子宮から入ってきた色素を体は不要物として、尿から排出するそうです。

先生から説明を受けた手順は以下です。

①青い色のついた生理食塩水を子宮内に入れる
②30~40分程横になる
③検尿

という流れになるそうです。

卵管が通っていれば、尿が青色になるそう。(もしくは黄緑色の様な色)

卵管が詰まっている場合は、尿に変化が現れないそうです。

卵管疎通検査の「カテーテルが痛い!」という話を聞いたことがあるので、相当ビビッていましたが、卵管通水検査であれば痛みも少なそうなので安心しました。

ちなみに卵管通水検査は、検査後2~3日はお腹が張っている様な状態になると言われました(;・∀・)

検査後は感染症予防の為、抗生物質を飲む予定です。

気持ちと体を整える

リセットの度、どうしても凹みますよね~( ;∀;)

先生から衝撃の事実を教えてもらいました。

「ストレスがかかると、卵管はぎゅっと閉じるので気を付けてね~」

↑これって日々の生活も関係ありますよね!?

元々怒りんぼの部分もあるので、毎日穏やかに暮らせるように、ストレスなく暮らせるように工夫していかなきゃなぁ~と感じました。

イライラしているママの所に、赤ちゃんだって躊躇しちゃいますよね~(;・∀・)

次の検査まで少し間が空きますが、気持ちの余裕とモチベーションも下げないように、工夫して過ごせたらと思います。

通院再開!妊活日記を読む ▷

コメント