【2人目不妊】妊活9つのやったこと>>

不妊漢方へ行ってきた!値段やアドバイスを紹介【処方されたのは?】

【再開】不妊治療

不妊治療を始めて4年目。

この度、不妊漢方を始めました!

不妊専門クリニックへ転院し行った「卵巣年齢検査」33歳ですが、40歳という結果に!

33歳で卵巣年齢40歳!2人目不妊治療4年目初めて検査して後悔
不妊治療ってたくさんの検査がありますよね。 4年ほど前から不妊治療を始めたのですが、今回初めて卵巣年齢(AMH)の検査を受けました。 33歳2人目不妊の結果は、まさかの40歳! 卵巣...

住んでいる地域には、保険適応外の不妊漢方しかありませんが、ここはやるしかない!!

「不妊漢方って値段は高いの?」「どんな風に処方されるの?」等々、不安な部分もありますよね。

今回私が行った漢方薬局は、不妊治療雑誌でよく見かける「日本中医薬研究会 会員店」です。

全国実力薬局100選 子宝・不妊漢方部門
実力薬局100選~子宝部門~は、子宝、不妊症、婦人系疾患でお悩みの方におすすめしたい相談薬局を、全国で100店(予定)厳選し相談するサイトです。

カウンセリングは約2時間半。その後、試飲や値段説明があり、購入に至りました。

不妊漢方を検討している方々の参考になりますように。

事前予約必須

来店の際は、必ず予約を取っていくことをおすすめします!

というのも、私の初回のカウンセリングだけで…2時間半もかかったんです。

HP上でも「カウンセリングは1時間」と掲載されていました。

今までの妊活や生活習慣など、かなり時間をかけて話をします。

予約なしで行った場合、先生が不在であったり、待ち時間が随分と長くなる可能性も。

確実に見てもらえるように、必ず事前に予約を取ってから行ってくださいね!

クレジットカードが利用できるか、確認しておくのがおすすめ

カウンセリング時の持ち物

電話予約の際に、以下のモノを持ってくるように言われました。

・基礎体温表
・病院での検査結果
(ホルモン・AMH・精子検査など)

お薬を飲んでいる場合は、お薬手帳も持っていきましょう。

不妊漢方のカウンセリングって?

「不妊漢方のカウンセリングって一体どんな話をするのだろうか?」

初めての事って不安ですよね。

今回のカウンセリングでは、不妊クリニック同様にプラスして普段の生活の話。

手・舌診をしてもらいました。

不妊クリニックでは中々聞かれない事も、漢方のカウンセリングでは聞かれました。

とにかく明るく、エネルギーに溢れた先生だったこともあり、元気になって帰ってこれました~(笑)

主人の生活習慣

不妊クリニックでは、そこまで深く聞かれない主人の話。

趣味や好きな食べ物、生活サイクルなどを聞かれました。

主人の事がきっかけで病院を転院しているのですが、ここまで深く色々と聞かれたのは、漢方薬局が初めてでした。

最近では、不妊は女性だけの問題ではないそうで、「夫婦そろってベストな状態へ持っていく」ことが目標だそう。

不妊クリニックでは、あまり男性へのアドバイスがないからありがたい!

今回は、下着を変更する事。大好きな乳製品を控えることをアドバイスされました。

主人へのアドバイス

風通しのよい下着へ変更
・乳製品を控える
・サウナはほどほどに

妻の生活習慣

2度自然妊娠をし、1度は流産したものの、自然分娩しています。

「卵巣年齢が40歳と結果が出て、大急ぎで来た」と言うと、「妊娠できます!」と言い切ってくれた先生。

私が妊娠しない理由は、「産後のケア不足が不妊原因の可能性」が高いと先生に言われました。

この話を言われてびっくり!

というのも、里帰り出産せず、ワンオペ育児で乗り切り(涙)、産後半年には引っ越しを経験。

自分の事なんて、後回しの後回し!後回し!←

どうやらそのツケが不妊としてやってきたそうな…。

睡眠時間も毎日8時間以上、便秘なし!生理痛なし!など、ほぼ健康体ですが、「おけつ」と「血液不足(貧血状態)」という診断が。

更には、ストレスもプラス~(涙)

手足が冷たく、爪も柔らかい。

・冷え
・血液量
・ストレス

3つを改善すべく、漢方が処方されました。

妻へのアドバイス

主人と異なり、私の場合はあまりアドバイスがなかった!(汗)

漢方薬を飲むからですかね。

唯一言われたのは、「あまりストレスを溜めないように」。

「性格が頑固でしょ~」とみごと当てられたのでお見通しなのか…。

実際に店内で漢方を試飲

漢方薬を処方される前に、実際にお勧めの漢方を店内で飲ませてもらいました。

液体2種類、顆粒1種類。

美味しかったので驚きました。

先生からは、漢方の値段を説明。「すべて買う必要はないけれど、最低限○○と△△は飲んでほしい」と言われました。

今回は試飲した3種類すべてを1か月(30日)分購入しました。

飲むことになった不妊漢方薬

2種類の漢方を飲むことになりました。

・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちけんげん)

プラスして、ヘム鉄を補える清涼飲料水を購入しました。

不妊漢方の費用は1万円台

HPでは「月2~3万円」と費用の目安が掲載してあったので、結構ドキドキ。

今回、初回のお会計は13,000円(30日分)でした。

不妊治療していると、高いのか安いのか分からなくなる値段ですね…。

漢方は医療費控除の対象になる場合もあるそうなので、領収証は大切に保管。

不妊漢方の月予算を2万円と設定したので、次回は他に勧められた漢方の購入も検討しています。

薬剤師さんが「妊活の相談相手」に

不妊クリニックでのカウンセリングは、正直「事務的」な印象でしたが、漢方の先生は全然違いました。

「生活の中で、何か少しでも改善できるところはないのか」を探す感じで、普段の生活から、好きな事、趣味など様々なお話をしました。

不妊の話って、友人にも話しにくいし、クリニックの先生も忙しそうで話しかけにくい。

夫婦で話しても、何だかんだでお互いを攻め合ってしまう。

他の人には中々出来ない不妊の話を聞いてくれる第3者の存在がいると思うだけでも、気持ちが楽になる気がします。

加えて、とにかく前向きな先生!

「絶対に妊娠できる!」と何度も口に出してくれました。

不妊漢方レポ、いかがでしたでしょうか?

始めて不妊漢方へ行ってみましたが、自分の体や生活を見直すきっかけにもなりました。

不妊治療の不安な点など、相談も出来るのでありがたい。

不妊漢方のお値段は月13,000円と、思っていたよりも安くなりました。(HPに月2万と掲載されていた為)

早い方では2か月頃から体に変化が現れるそうなので、期待しちゃいますね!

また1か月漢方を飲みきったらレポートしたいと思います。

【男性不妊】病院で処方されたのは普通のサプリと漢方だった…値段倍
不妊クリニックに転院し、主人にも飲み薬が処方されました。 先生からは「ご主人にもお薬出しておくから」と言われ、出されたものが…まさかの普通のサプリメント! 他にも漢方も処方されましたが、普...

コメント